So-net無料ブログ作成
検索選択

県立フラワ-パ-クの光景 [透明水彩画]

IMG (3).jpg
自宅近くの筑波山を北へ抜けるトンネルが出来たので、それ以前の急な山道を登り折りすることもなくなり楽に八郷地区へ行けるようになりました。そこには県南の住人が唯一県の施設を利用できるフラワ-パ-クが有ります。県庁所在地ばかり立派になり様々な文化芸術の施設があるのに比べて、県南の住民は余り県の恩恵を蒙る施設にお目にかかることはありません。そんなフラワ-パ-クに時々訪れて、絵のモチ-フを探します。
訪れたこの時期は花の端境期で、バラもシ-ズンオフと言う感じでた。(暫くこのブログから遠ざかっていたので、作品の更新方法が思い出せず難儀しました。あれこれ弄り回してやつと更新の方法を思い出し、今日投稿しました。)
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

suisaidaisuki

この絵に描いたような自然いっぱいの茨城県ですが、関東六県で絶対に住みたくない県とランクされたそうです。又全国好感度ランキングでも最下位、つまりワ-ストワンと言う有り難い位置づけを頂いています。
この地に住む者としては、住んでみたこともないのにと言う思いです。
今日、全国第二位の湖である霞ヶ浦の沼地に栽培されている蓮根を、生産農家から購入して年末の惣菜作りに必要な友達からの要望で宅配しました。東京のス-パ-では拳二つ位の大きさのものが500-800円するそうですが、バラ売り1,000円で大小の固まり10個のものが購入出来ます。近所の知人はこれを東京の親戚に差し上げると、大変高価な物を頂いたと喜ばれて4-5,000円のお返しがあるそうです。この人曰く「海老で鯛を釣る」と言うことだそうです。
この蓮根ですが、5-8月のシ-ズン・オフの期間以外は何時でも安価に購入出来て蓮根の天ぷらやキンピラは年中食卓に上っています。
ワ-ストワンの我が県には自然と海陸の恵みに恵まれた住みやすい件です。
by suisaidaisuki (2016-12-14 06:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: